憧れの街に住む極意|アクセスを考えよう!

レディー

都心で持ち家に人気の物件

アパート

好みの部屋に改装出来る

東京での持ち家購入に人気となっているのが中古マンションです。人気となっている一番の理由はリノベーションを施すことにより、新築と同環境の部屋を新築よりも割安な費用で購入出来るということです。しかも新築では出来ない間取りの変更も可能なので、自分の暮らしに合わせた部屋作りを行うことが出来ます。設備に関しても、入れ替えが可能なので、新築マンションに備え付けられている設備を導入することで、新築マンションと変わらない便利で快適な暮らしを送ることが出来ます。そして、東京には新築マンションとは比べものにならないほど多くの中古マンションがあるため、周囲環境や設備、築年数、外観など、条件にこだわっての物件探しが可能となります。このように自分の求める理想の部屋を割安な費用で手に入れられるということから、東京での持ち家購入に中古マンションを選択する方が多くいます。

耐震や防犯対策を確認する

中古マンションにはリノベーションを施すことで自分の暮らしやすい部屋に変えられるという魅力的なメリットがあるのですが、注意したい点もないわけではありません。築年数が経過していてもリノベーションで内装、設備を変更することが出来るのですが、耐震面に関しては建物の構造によりますので、購入する際には注意が必要です。1981年6月1日以前に建てられた物件は耐震に対しての構造が弱い場合があります。そのため、そのため1981年6月1日以前の物件を購入する際には耐震構造がきちんとしているかどうか確認しておく必要があります。また、防犯面も同じで、玄関や窓、バルコニーから侵入がされないような対策が取られているかどうかをチェックすることが大切です。東京で中古マンションを購入する際にはこうした点に気をつけて物件選びをするようにしましょう。