憧れの街に住む極意|アクセスを考えよう!

レディー

手続きのメリットと期限

お札と貯金箱

豊富なメリット

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合に、対象不動産を競売ではなく、任意に売る方法です。競売と異なり任意ですから、強制的なしばりはありません。例えば、強制的な立ち入り調査や、立ち退きという事態は生じません。また、任意売却を用いれば、市場価格の相場に近い金額で売却できます。加えて、任意売却を行うと、その売却益は、当然、住宅ローンに充当されます。この時、大きく住宅ローンの額が減りますから、金利の計算がやり直され、その分残債も減ります。この結果、以後の返済負担は大きく減ることとなります。なお、任意売却には、多様な方法があります。例えば、そのまま住み続けることも可能な、親子間売買や売却後賃借という方法もあります。先々買い戻すことももちろん可能です。法律家や専門のコンサルタントを活用すれば、ご自身に最適な方法が見つかる可能性が十分にあります。

できるだけ早めに対応

このように、メリットが大きい任意売却ですが、実施可能な期間が決められています。知識として、いつからいつまでが可能なのかを、把握しておきましょう。まず、開始時期としては、住宅ローン滞納が3ヶ月程度続いた場合、金融機関から督促状が送付されます。この時点から、任意売却が可能となります。その後、滞納から約6ヶ月ほどで、期限の利益の喪失という文書が送られ、一括返済するよう求められます。そして、ここから先は、保証会社や裁判所へと書類の送り元が変わってきます。裁判所からは、差押通知書、競売開始決定通知書、入札開始を知らせる通知が送られます。この時点でも、理論的には任意売却は可能です。つまり、任意売却は、督促状が送付された時点から、入札開始の前日まで行うことができます。しかしながら、金融機関からの督促状が届いたら、金融機関に相談をすることを心がけましょう。任意売却手続きがスムーズに済むからです。物件によっては、売却に時間がかかる場合もあります。早めの対応が肝心です。